SNS集客の正しい活用ポイント

投稿日:

メールマガジン

ニュースレター

コロナの影響で会社の売上が落ち込んだり
仕事が在宅になったことで
インターネットを活用したいという
ニーズが増えています。

今なら在宅勤務で仕事ができるテレワークや
お客さんと対面せずに商品を売るリモートセールス、
インターネットを使った
SNS広告などの需要が増えていますね。

テレワークやリモートセールスも試してみたいけど
改善や導入のハードルが高いわりに
効果が出るまでに若干時間がかかりそうなので
手軽にできるSNSへの投稿で集客できないかと
あなたも考えたことはありませんか?

最近では飲食業の方が始められた
テイクアウトの告知がSNSにはあふれていますが
なかなか結果に結びついていないようですね。

もちろん定期的に広告をSNSに投稿して
自分の関係の深いお客さんに伝えることは大切です。

ただSNS投稿はフロー型で
その瞬間に投稿を見た人にしかアピールできず
検索エンジンのサーチに引っ掛かりません。

どんどん流れてしまうSNS投稿に
あなたのお店の広告をしても
印象派はかなり薄くなってしまいますよね。

ということで今回は、
SNSの正しい活用ポイントを2つ紹介します。

1つ目は、
SNSを使って見込み客を獲得することです。

SNSを使えば簡単に
あなたの商品に関心のありそうなお客さん
いわゆる見込み客
探し出すことができます。

その見込み客に対して
リツイートやコメントをすることで
関係性を作り自分の商品を売り込む
つまり、インターネットを使ったドブ板営業ですね。

またFacebook広告なら少ない費用で
ピンポイントに見込み客にアプローチできますよ。

2つ目は、
自社のWEB集客メディアにSNSから
見込み客の流入を設計することです。

自社の集客メディアとは
お客さんに見てもらえば
最終的にセールスまでたどり着くように
マーケティングが設計されたホームページのことです。

このWEB集客メディアが用意できれば
FacebookやTwitter、Instagramなどの
SNSに投稿した記事から
最終的に利益が生れるまでのフローができますよ。

SNS単体で集客するのはハードルが高いですが
それぞれのメリットを組み合わせながら
インターネットを活用してビジネスを広げていきましょう。

執筆者プロフィール

塩野 稔昭

島根県出雲市で創業50年の老舗建築板金屋の2代目として平成18年に代表取締役に就任。13期連続の黒字経営を続ける中、平成29年に日本商工会議所青年部連合会の執行部として日本中を飛び回る。社長が居なくても回り続ける会社経営に何が必要なのかを悩み続ける中で磨いてきたノウハウを元に、小さな会社の経営者を、会社組織のマネジメントやマーケティング戦略の作成でサポートするべくエスプロポジション株式会社を立ち上げる。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『SNS集客の正しい活用ポイント』の前後の投稿はこちら▼