株式投資の始め方

投稿日:

メールマガジン

ニュースレター

株式投資を始めるためには

証券口座を開設する必要がありますので

まずはネット証券に口座を開設しましょう。

 

証券口座と言えば

野村や大和など大手証券会社がありますが

実店舗の証券会社は

取引手数料が高すぎるのでもったいないです。

 

株式投資は仕組みを知ってしまえば

売り買いは小学生でもできるくらい簡単なので

手数料の安い大手ネット証券に口座を開設して

自分で取引するのが正解です。

 

米国株投資ができるネット証券口座を開設したら

米国株を実際に買っていきますが

まずは毎月自分が投資に使うことができる

お金を計算しましょう。

 

この投資資金は少額で構いませんが

10年とか20年間は引き出さないお金になるので

生活に負担のない金額を設定します。

 

米国株投資は日本株投資と異なり

一株から取引ができるので

毎月数千円からでも始められますよ。

 

ここで株式投資のお金が

どう増えていくのか説明しますね。

 

株式投資で資産が増える方法は2つあります。

 

1つがキャピタルゲインと呼ばれる

株価の上昇による売買益です。

 

100円で買った株が150円になれば

売り買いの差額50円から手数料を引いたお金が

儲けになります。

 

おそらく株式投資はリスクが高いから危ない

と思っている人が考えているのは

このキャピタルゲインに対してですよね。

 

株の値段が上がるか下がるかは

博打みたいなイメージですが

株式投資で資産が増える方法はもう一つあります。

 

それがインカムゲインで

いわゆる配当金です。

 

米国には50年以上にわたり

すっと配当金を増やし続けている

優良企業があり、

歴史の長いそれら優良企業は

ITバブルやリーマンショックを乗り越えて

着実に株価を成長させています。

 

米国で配当貴族と呼ばれる

優良企業の株を少しずつ買い

受け取った配当金を使って

また株を買い増していく。

 

長期にわたり株数を増やし続けて

最終的には配当金で

生活に必要なお金を賄う仕組みを作る。

 

これが私のお勧めする資産運用です。

 

執筆者プロフィール

塩野 稔昭

島根県出雲市で創業50年の老舗建築板金屋の2代目として平成18年に代表取締役に就任。13期連続の黒字経営を続ける中、平成29年に日本商工会議所青年部連合会の執行部として日本中を飛び回る。社長が居なくても回り続ける会社経営に何が必要なのかを悩み続ける中で磨いてきたノウハウを元に、小さな会社の経営者を、会社組織のマネジメントやマーケティング戦略の作成でサポートするべくエスプロポジション株式会社を立ち上げる。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『株式投資の始め方』の前後の投稿はこちら▼