お客さんを集めるだけが集客ではありません

投稿日:

メールマガジン

ニュースレター

4連休も終わりましたが

いかがお過ごしでしたか?

 

連休中も数社の方に

個別コンサルティングを行いましたが

悩みの多くは集客についてでした。

 

コロナの第2波が騒がれる中

業種によっては

なかなかお客さんを集めることが

難しくなっています。

 

そもそもなぜ集客しなければならないのか?

 

色々な理由があると思いますが

商品をたくさん買ってもらうために

少しでも多くのお客さんに

来てもらいたからですよね。

 

集客と聞くと

いかにたくさんのお客さんを集められるか?

というところに目線がいきがちですが

じつはもう一つ大切なポイントがあります。

 

それが「成約率」です。

 

どんなにたくさんのお客さんを集めても

最終的に成約に結びつかなければ

集客をした事にはなりませんよね。

 

成約率を高くするためには

あなたの理想のお客さんが誰で

そのお客さんが何を求めているかを

知らなければなりません。

 

理想のお客さんを

きちんとイメージすることができれば

そのお客さんが抱えている悩みを解決するために

あなたの商品が必要だということを

しっかりアピールすることが出来ます。

 

あなたの商品が

お客さんの悩みを解決できるだけの

理由とその信頼性

競合他社との違いや

なぜ今すぐ買うことがお得なのかを

きちんと伝えることができれば

成約率が高くなりますよ。

 

成約率の改善は

お客さんをたくさん集めるより

コストをかけずに利益に直結する方法です。

 

あなたのビジネスでは

お客さんに今どんなアピールをしていますか?

 

 

執筆者プロフィール

塩野 稔昭

島根県出雲市で創業50年の老舗建築板金屋の2代目として平成18年に代表取締役に就任。13期連続の黒字経営を続ける中、平成29年に日本商工会議所青年部連合会の執行部として日本中を飛び回る。社長が居なくても回り続ける会社経営に何が必要なのかを悩み続ける中で磨いてきたノウハウを元に、小さな会社の経営者を、会社組織のマネジメントやマーケティング戦略の作成でサポートするべくエスプロポジション株式会社を立ち上げる。

▼記事がお役に立ちましたら、ぜひシェアをお願い致します!▼

▼『お客さんを集めるだけが集客ではありません』の前後の投稿はこちら▼